兵庫県西宮市の不妊治療・婦人科クリニック

ホーム不妊治療について > 受精卵凍結

受精卵凍結

~体外受精で受精した卵を凍結保存します~

胚移植した残りの卵(余剰卵)や卵巣過剰刺激症候群や子宮内膜が薄い、不正出血など何らかの理由で胚移植できなかった卵を液体チッソで凍結保存します。余剰卵を凍結しておきますと毎回採卵しないで、凍結卵を解凍して胚移植をし、妊娠を成立させるということが可能です。当院では凍結保存期間は2年間となっております。

また移植のときに解凍しますが、この凍結、解凍によって卵の状態が悪くなることもありますし、凍結卵によって妊娠した場合も流産、子宮外妊娠、新生児の異常は起こりえますので、安全性は確率しておりません。

当院の凍結費用は40,000円+消費税です。

<受精卵凍結設備>

受精卵凍結設備

※治療内容、注意事項等は、ご来院検査後に詳しくご説明します。

不妊治療について

ページトップへ